闇スロの最も大切な引き際

経済的に余裕があれば、闇スロを楽しむのは簡単。自分が座りたい台を選び、勝つまでお金を入れ続ければ済みます。現実は中々そうはいきません。

公的に認められているギャンブルとはいえ、あくまでも自分が娯楽に楽しめる範囲のお金を使って、遊ぶのが闇スロで非常に大切なポイント。

一般的な給料しかもらえない自分は、あくまでも上限を決めつつ、枠から出ないルールを絶対遵守。出来るだけ少ない投資で当たりを引けば、それに越した事はありません。

闇スロは、どの台にどのタイミングで座るかは、すっごく重要。

開いている場所だけじゃなく、その日や数日間のデータを確認しながら、他の人が座っている中でも、気になる場所を探す方法も有り。

空くかは運次第だけど、場合によっちゃ当たりを引ける場合もあるから、止められません。もし勝ったら、今度は引き際を見極める、これが闇スロで一番難しい。

欲を出せば結局飲まれ、早く止めすぎると、次の人が沢山もありえます。

江原道の口コミを友人に聞く

「江原道を、どう思いますか?」え?友人が突然言ってきた。正直、意味は分からん...でも、妙に悔しい気持ちもある。こう、知らぬ=負けみてぇな...

「負け違う!全然知らなきゃ、それでえーよ。教えます」心の声迄わかる?全然知らない訳...。

「じゃあ、江原道とは?」ほら、すげぇ奴!「肌へツヤを与え...引き締め、ハリをくれる。スキンケアばっちり!」だよな、大評判?

「YES!愛されてるからー、江原道は。メイクや汚れ?これが最適!だって、ツルツル綺麗に出来るよ?汚れなんかに、負けません」

江原道、凄いわ「うん、43種類も有効成分配合だからさ!定番な安モノと、わけが違う」はは...で?「ん、どうゆう意味よ、唐突に」だから...

「あぁ、どれ買えば良いか。任せや。選んだげる。トライアルセットどう?ほら、最初試すに」おぉ...思い切りセールスマンやわぁ。

「合格点か!ハッピー!じゃ...全部買う?」マジで?「嘘吐かんわ」御免...無理、勘忍。「はぁ...ま、妥当な回答?」

残念な事に、今日の部屋探しは、これで終了だなぁ。「そりゃもう十件目ですよ、お客さん。大分回りましたからねぇ...、流石に決めやしませんか?時期的にも、やべーですわ」

ふん、駄目さ。「やはりご希望通り、都内3万で、風呂、トイレあり...条件クリア?」勿論。妥協無理な条件ばかり、何とかしてくれや...。

「そう言われても...注文住宅を作るのは簡単ですが、部屋探しには無理難題。厳しいですわ...」うー...が、ほら、事情が多々あり。

「お客さんがリストラされ、格安アパートを都内で、ゆーのはご存知ですけど、流石に条件が。風呂、トイレを妥協すれば...」

女房、娘に入浴もせず、排泄も公衆便所へ行け等、口が裂けても言えんぞ...。「ならば都内を諦め、千葉、埼玉へは?あっちは結構値段が安く、御希望の条件でも...」

こっちに働き先を見つけたんだ!往復、何時間、何千円で通えるか。「部屋探し コツは、基本はどこか妥協する事が必須。現状、不可能...」

ぐぬぬ...、ご希望の部屋探し、やると言った!